38歳エロ漫画家、大腸ガンになる2話ネタバレ

末期ガンでも元気です 38歳エロ漫画家、大腸ガンになる2話のネタバレです。

 

1話の続きから書いていきます。

 

 

前回、神の手を持つ胃腸科の先生により、精密検査を受けることになった作者。

 

今回は胃カメラになります。

 

 

予約がいっぱいのうえ、台風が近づいてきていて忙しそうな院内。

 

喉に麻酔をして口から入れるタイプの胃カメラで検査。

 

 

胃には異常はありませんでした。

 

 

そして週明け、夫も付き添い紹介された大病院でCT撮影。

 

そして同時進行で手術の準備もおこなわれます。

 

血液検査と心電図、肺機能の検査をして「全身麻酔下で手術ができるか」をチェックします。

 

 

そして次は、「注腸レントゲン」と呼ばれる検査です。

 

丸一日かけて下剤をのんで、腸の中を空っぽにします。

 

検査当日はお尻からバリウムを注入されて、レントゲン台が上下左右に動きながら撮影されます。

 

 

このシーンが、BL作家さんならではの描写で、不謹慎ですけどちょっと笑っちゃいました。
※お尻は「桃」で表現されてます

 

 

検査結果ですが、5p以上の腫瘍が大腸を圧迫しており、「アップル・コア」と呼ばれる状態。

 

 

今の段階で断言はできないけど、おそらく「がん」だろうとのこと。

 

 

先生から「検査の結果は、包み隠さずご本人にお伝えしますか?」と確認されます。

 

 

作者は「自分のことは絶対に自分で決めたいので」とYesの回答。

 

次回はいよいよ、診察結果を知ることになります。

 

 

現在「末期ガンでも元気です 38歳エロ漫画家、大腸ガンになる」は、3話まで無料で読めちゃいます♪