38歳エロ漫画家、大腸ガンになる3話ネタバレ

末期ガンでも元気です 38歳エロ漫画家、大腸ガンになる3話のネタバレです。

 

2話の続きから書いていきます。

 

 

診察結果が出るまでの間、夫と二人で「アップル・コア」について検索する作者。

 

それが「進行大腸がんの典型的特徴」であると知ります。

 

 

夫は明日も会社を休んで付き添ってくれると言います。

 

そこで作者は「きみのお義姉さんにも来て欲しい」と提案します。

 

 

これは夫自身に「寄りかかる存在」があった方が良いとの作者の判断でした。

 

 

実は夫はうつ病を患っており、「予測できない急な出来事」によって精神的な打撃を受けると、発作が起きてしまうことを危惧したのでした。

 

 

お義姉さんは仏のような人で、元看護師で気遣いしつつも軽いフットワークで動いてくれる、頼れる人でした。

 

 

そんなバックアップを受けて、作者は大腸の内視鏡検査を受けることになります。

 

 

ここでやっと、腸内を直接見て、生体細胞の採取・検査ができます。

 

 

大腸の内視鏡はかなりしんどいらしく、作者の前に検査を受けている人は、大声で泣き叫んでいました。

 

 

私、「興味あるから受けてみたい」なんて思ってました…こわっ。

 

 

内視鏡の処置室は、手術室なみの環境でした。

 

お尻が開いた紙パンツを履いて台の上に横になります。

 

 

大腸のカーブを通過する度に、思わず声が出るほどの衝撃がきます。

 

はじめてみるがん細胞は、想像とは違いピンク色のモコモコで、作者は
「焼肉屋のモツみたい」と思ったそうです。

 

 

そのまま鎮静剤の影響で少し眠ってしまっていた作者。

 

目を覚ますと、夫と義姉が立ち会い、そのまま検査結果の説明に入ることになりました。

 

 

 

現在「末期ガンでも元気です 38歳エロ漫画家、大腸ガンになる」は、3話まで無料で読めちゃいます♪